16

当店はLCF(Leading  Coffee  Family 全国で約100軒が加入)に加入しています。

LCFは世界のトップレベルのコーヒーを追求するため、品種や栽培方法、精製方法などを確認し、

基準に合格したものだけを仕入れています。

line

ニュークロップ(新豆)の案内

◆ケニアのニュークロップ第一弾、「エアガズ農園」が入荷しています。
このエアガズ農園も他国にはない華やかでフルーティな香味を持っていることから、世界的にも人気が高い農園の一つです。
今年のケニアも複数の農園や農協のものを扱う予定です。それぞれの香味の違いをお楽しみください。

◆タンザニアの「ブラックバーン農園」もニュークロップに切り替わっています。
この農園はカラツ地区にあり、タンザニアでも最も標高が高いところ(1790m)にあります。
そのため、良質な酸とコクを持った豆を生産できます。今年も爽やかな酸味と豊かなコクや甘みを感じます。

◆インドネシアの「LCFマンデリン」もニュークロップです。
スマトラ島にあるリントン ニ・フタ地区。
その地区の40農家がLCFマンデリンの生産者です。純粋なティピカ種だけのマンデリンは非常に貴重です。


6月1日よりミディアムロースト、シティロースト(一部を除く)のコーヒー豆を
100グラムあたり50円程度値上げします。

当店は約100軒ある仲間と一緒に生豆を共同購入することで、世界の多くの農園や輸出会社とパートナーシップを確立し、より安定した価格で買い付けてきました。しかし、主に新興国の消費拡大が原因で昨年末から異常な高値で推移しており、高品質の生豆を安定的に確保するには、高値で購入する必要が出てきました。
そのような理由で、今年のニュークロップは例年になく高値になり、当店で販売するコーヒー豆も値上げせざるを得なくなりました。
何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

 

東日本大震災 義援金活動報告

3月17日~4月10日の間に販売したコーヒー豆100gにつき100円を義援金として
日本赤十字社を通じて送りました。販売したコーヒー豆は31.8㎏で31800円の
義援金を送ることが出来ました。
自分たちの出来ることを考えながら、
これからも何らかの形で続けていきたいと思います。

被災地の一日でも早い復興を願っています。


news16

 

blog
shop_bunner
left
ad
line
right